Atelier8845についてAbout Atelier8845 オーダーメイドMade to Order ブログOffical Blog お問い合わせContacu Us Instagram Twitter Facebook

ブランド品のバッグや財布の修理事例。70年の経験を持つ鞄・バッグ・財布・ブランド品・革製品の修理&リフォームのアトリエ8845。
確かな技術を持つ職人が有名ブランドの鞄・財布の修理を行っております。

グッチ

口周りの革に穴が空いてしまったため、口周りの革を新しい革に交換しました。 before:

修理事例 ※当サイトの表示金額は全て見積もり参考価格です。修理内容により価格は異なりますのでご了承下さい。

持ち手ほつれ ¥26,000〜 (税抜き)

before after

内装が合成皮革(=樹脂)のため、時間が経つと劣化してベタベタしたり、ポロポロと剥離してしまいます。しかし内側を布で張り替えることによって長くお使いいただけます。

内張り交換 ¥25,000〜 (税抜き)

before after

内装が合成皮革(=樹脂)のため、時間が経つと劣化してベタベタしたり、ポロポロと剥離してしまいます。しかし内側を布で張り替えることによって長くお使いいただけます。

プラダ

プラダのプレートを留めている3本のビスのうち1本が取れたため、ビスを新品に交換しました。 ビスの色を合わすために3本とも交換しています。 before:

修理事例 ※当サイトの表示金額は全て見積もり参考価格です。修理内容により価格は異なりますのでご了承下さい。

ショルダー付け根革切れ ¥6,000〜 (税抜き)

before after

ショルダーが付け根から切れてしまったため、縫い目をほどいて新しく付け根の革と交換しました。

ファスナー交換 ¥25,000〜 (税抜き)

before after

ファスナーの務歯(ギザギザの所です)横のテープ破れのため、ファスナー交換を行いました。

ルイ・ヴィトン

ヴィトンのショルダーバッグの革が弱ってしまったため、ショルダーとパイピングを交換しました。 before:

修理事例 ※当サイトの表示金額は全て見積もり参考価格です。修理内容により価格は異なりますのでご了承下さい。

ほつれ補修 ¥4,000〜 (税抜き)

before after

持ち手のミシンほつれの補修。元のミシン目に合わせて縫製していきます。

カシメ交換(1ヶ所) ¥3,500〜 (税抜き)

before after

片側のカシメが取れたため、新しいカシメに交換。カシメは一度取れてしまうと使えなくなってしまうため新しいものと交換になります。

シャネル

シャネルのバッグの持ち手の付け根の芯が切れてしまったため、カットし上下つないで革巻きをしました。 before:

修理事例 ※当サイトの表示金額は全て見積もり参考価格です。修理内容により価格は異なりますのでご了承下さい。

金具メッキ加工+全体染め ¥50,000〜 (税抜き)

before after

革や金具の色剥げが目立つため、バッグ全体の染め直しと金具のメッキ加工を行いました。

エルメス

ガーデンパーティーの持ち手部分(持ち手+帯)の交換修理。持ち手が胴と一体なので高い修理技術を要します。 一度ほどいてから新しい持ち手を元通りに縫製いたします。 before:

修理事例 ※当サイトの表示金額は全て見積もり参考価格です。修理内容により価格は異なりますのでご了承下さい。

ほつれ補修 ¥10,000〜 (税抜き)

before after

財布のほつれを、元のミシン目を拾いながら縫い直します。ほつれの幅に応じて価格は変動いたします。

部分染め ¥20,000〜 (税抜き)

before after

細かな傷が目立つため、部分染めを行い傷が目立たないように仕上げました。

その他

ヴィトンのショルダーバッグの革がへたってしまったため、ショルダーとパイピングを交換しました。 before:

修理事例 ※当サイトの表示金額は全て見積もり参考価格です。修理内容により価格は異なりますのでご了承下さい。

内張り交換 ¥60,000〜 (税抜き)

before after

内張りの色を変えるため、バッグ全体の内張りを交換しました。内張りの交換でイメージがガラリと変わります。

持ち手交換 ¥30,000〜 (税抜き)

before after

持ち手が破れボロボロになっていたため、新しく持ち手を作り変えました。