タグ別アーカイブ: バッグの修理

五月晴れ

201805251129000

五月晴れ

そんな言葉が浮かんでくるような

そよ風が心地良い青空の下

 

出勤途中立ち寄った近くの公園で見つけた

可憐な草花

 

至る所で可愛い姿で咲いていると

ついつい 足をとめてしまう

ーーーさわやかな一日のはじまりですーーー

 

 

 

猫家族

頑張れ!

乗り切れ!

母猫のの貫禄を見せてた、通りすがりに見つけた越冬猫の家族。

近所の川にちょこちょこ出没、これは何?

橋の上からカシャッ!

体長は、大きな猫くらい、イタチでもなくドブネズミにしたら大きすぎる

これは、有名なカピバラさん?!

・・・・と思いきや、どうやらヌートリア、あちこちで繁殖しているらしく

列記とした害獣だという事。

悠々と泳ぎ、日向ぼっこをしている。

別名、沼狸と言うそうで

でもしっぽがネズミで、歯がオレンジってお世辞にも可愛くないと思う(汗)

当たりました!

某女性向け月刊誌、「今月号の中でどのテーマが良かったですか?」的なアンケートはがき

何となく記入して、切手要らなかったから面倒だけどポストに投函

そういえば前は、買ってた美容雑誌、当選者数少ないのによく当たってたなぁと思い返し

忘れた頃に送ってきました!何人当たるか、いくら分かも忘れてた

Quoカード5000円分は使いごたえある~♪

今は、携帯やパソコンでチェックして送信が多いから、こういう手間かかる系が

狙い目なのかも!

雨上がりの休日

 

 

 

お気に入りのスニーカーを履いて

散歩を楽しんでいたある日の事

ちょっと足を延ばして長居公園をブラブラと散策、、、。

万葉の小道

おおきな蓮池

バラ園

その他見どころ満載のお気に入りの公園(^^♪

花々に見惚れて歩いていると

突然とてつもなく大きな椰子の木に遭遇!!!

その姿に圧倒され、

青空に向かってそびえるその姿がとても美しく

思わず、、パッシャ!

お気に入りの一枚です。

 

革からオーダー、レザーバッグ作成します

 

シンプルなメンズトートをお持ちになり、それを基にサイズを変え、ご希望を伺い

こだわりの革をお取り寄せし、オーダーバッグを作成します。

 

お取り寄せした革は、ワイルドなステアで、各所に表情があるので取る場所によって

雰囲気が変わります。

又そこが楽しいので、どこを前面にするかなど、特別にお客様に選んでいただきました。

 

お洒落なお客様は、私の描くバッグと好みがピッタリなので、サクサクと

お話が進み出来上がりが楽しみです♪

 

ヤモリくん、こんばんは

お風呂の窓にぺったりと、お腹を見せてくれてる『やもり』

お家を守ってくれるとか、南国ではお守り代わりのお土産があったり

そもそも、ヤモリとイモリの違いはと調べると、生息する場所が建物に居るのがヤモリ

沼など湿地に居るのがイモリで、ビジュアルもちょっとヤモリの方がキュート♪な気がする

でも家の中に入ってくると、ちょっと遠慮してもらう

箒で掃出すと、気に障ったのか、キューって鳴いた

これは鳴くものなのか?

以来、このように姿を現すと、我が家ではキューちゃんと呼ぶようになった

美しき 夕焼け

201708041925000

いつものように仕事を終え
いつものように地下鉄に乗り
いつものように改札口を出て

ふっと見上げた夕焼けの美しさ

まるで絵画を見ているようで、、、
吸い込まれていきそうで、、

おもわず足を止め
刻々と移り行く夕空に見惚れてた 私

心満たされた、一日でした。

肩凝り、首凝り、こりこりこり~!!

スマホやパソコンで、現代人はストレートネックで肩や首が凝る人が多いと聞きます。

私も、まさしくそれでして良いグッズがあると聞くと、つい敏感に反応してしまいます。

 

今、欲しいなと思ってるのがこれです。

有りがちな枕難民なのですが、現在使用中の枕は

頚椎の所が高くなるように設計され(これ大事)

その高さを好みに調節出来るよう、チップの中に内蔵された空気枕のような部分に

手動ポンプがついていて、シュッコシュッコと空気を入れて使う枕です。

これはこれで悪くはないのですが、

最近、画像の枕を店頭で見つけ、試してみたくなったのです。

なかなかのお値段です(笑)迷います。

こちらのメーカーの磁器ネックレスは、愛用しています。

枕なら、もっと効きそう?

 

社名はコラントッテ→凝らんとって~ 楽しいネーミングです(笑)

ちなみに、アトリエ8845の8845は (株)林吾 のハヤシゴを数字にしたものです

(特に楽しいネーミングではありません悪しからず^^)

 

お財布バラバラ!?

普通の折り財布です。

でも、分解すると、こんなに細かいパーツに分かれています。

財布の修理は、ここまで解体しないと出来ないことも有ります。

もろくなってる革も多いです。

補強を重ね、元の針穴をたどり、一つずつパーツを慈しむよう

繋げていきます。

職人の汗が光ります。

出来上がり!お客様の笑顔がまぶしいです。